ニキビを1日で治す!?すぐ治す方法ってあるの?

ニキビができてしまうと、気分が落ち込みますよね。

オシャレをしても、ニキビのせいで、なかなか前向きにはなれません。

大事な予定の前日の大事な場面で突然出現したニキビは今すぐに治したい!と思います。

今すぐにニキビを治すにはどうしたら良いのか、その方法をご紹介します。

とにかく触らない

毎日の生活の中では顔に触れる場面は沢山あります。

洗顔だったり、メイクだったりと触れない事が無いほどです。

しかしニキビができている時はとにかく触らないのが鉄則です。

ニキビが気になってしまうあまり、潰したりしてしまうのは、治りが長引く原因になります。

細菌がついている指先でニキビを触ると化膿する可能性さえあります。

メイク品もブラシやスポンジでの刺激でニキビが悪化してしまいます。

洗顔は泡立てて、泡だけが顔に触れるようにして洗い、タオルではゴシゴシこすらず、優しく水滴だけを取り除くように押し当てて拭きましょう。

肌のゴールデンタイムには睡眠を取る

ニキビを治すためには肌のゴールデンタイムが重要になってきます。

肌のゴールデンタイムとは夜10時から2時までの間を言います。

その肌のゴールデンタイムとは肌の再生を促す成長ホルモンが分泌される時間帯の事で、成長ホルモンは肌のハリ、弾力のために絶対に必要な肌の奥深くにある皮下組織の水分量やコラーゲン、エラスチンの働きを維持する効果があり、肌の新陳代謝を促し、古い角質を新しい角質へと変化させていってくれ、憧れの美肌を維持するためには大切なホルモンです。

そのホルモンの分泌が一日のうちでも1番高い時間がゴールデンタイムなので、ニキビに悩んでいる方は肌再生に役立つゴールデンタイムに良質な睡眠を取ることでニキビを改善へと導いてくれます。

なので、夜10時には眠れている環境を作る事が大切です。

薬やサプリメントに頼る

早く治すためには皮膚科にかかるのが1番手っ取り早いですが、仕事があったり、忙しくてなかなか行けない場合もあります。

そんな時は薬局でニキビ専用の薬を買って塗ってみたり、体の中からアプローチするビタミン剤やサプリメントにも頼ってみるのも効果的なやり方です。

保湿を心がける

乾燥はニキビにも美肌にも悪影響を及ぼします。

乾燥すると自ら潤いをもとめ油分が分泌されます。

すると毛穴が詰まり、ニキビを悪化させます。

しかし過度なスキンケアはニキビにも悪影響になるので、いつも使用している化粧水でローションパックをしたり、化粧水ミストを持ち歩き、外出先でも保湿を心がけると、ニキビにも良い影響を与えます。

ニキビを1日で治せるの?この記事のまとめ

これらの事を守り、ニキビ肌の改善に努めれば、一日でニキビは小さくはなって、赤みも沈静化してきます。

しかし、一度ニキビができてしまうと跡形もなく治るには一日では無理な事です。

小さくなったり赤みがひければコンシーラーなどの化粧で消えますので、以上の事プラスコンシーラーで対応しましょう。

返信を残す

必須項目には印がついています*