ニキビができたらこの野菜を食べろ!ニキビに良い野菜まとめ。

ニキビに悩む方は沢山いると思います。思春期の時期に沢山できる方もいれば、大人になってからもニキビに悩まされてなかなか改善しないという方もいますね。

ニキビには野菜が良いと聞いたことがあると思いますが、具体的にはどんな野菜がニキビに良いのかをまとめました。

野菜の抗酸化作用がニキビに良い

野菜の中にあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEにはお肌の酸化を防止してくれ流。抗酸化作用が高いと言われていて、ニキビを作り、ニキビを真っ赤に炎症させる元になる活性酸素を抑制して改善させていってくれる効果があります。

緑黄色野菜のベータカロチン

緑黄色野菜の中に沢山含まれているベータカロチンも抗酸化作用が高いです。

主にはかぼちゃ、にんじん、小松菜など色が濃い物が良いと言われています。

外食などでは、なかなか緑黄色野菜は取れないので、なるべく自宅で調理して食べるように心がけましょう。

ニキビに良い野菜の食べ方

ニキビにはビタミンC!と言われているほど、ビタミンCは有名です。しかしビタミンCは熱や空気中の酸素に弱いため、すぐに酸化してしまいます。りんごなどを切ったままにすると、切り口が茶色く変色してきますよね?それが酸化です。

なので、フルーツや野菜は、なるべく生で食べる事が良いとされています。

生で食べる場合、フルーツや野菜を食べる直前に切るようにして、フレッシュで切りたてを食べるようにすると良いビタミンCが摂取できます。

加熱調理をする時は、加熱時間はなるべく短い時間にするとビタミンCが壊れにくいとされています。

スープや野菜の煮物、野菜炒めなどの汁が出る料理は、ビタミンCが煮汁に流れて出ていってしまうので、汁まで残さないで飲み干すとビタミンCを効率よく体内に入れられます。

野菜の食物繊維の効果

ニキビには便秘は大敵です。腸内環境が乱れると肌荒れにつながり、毛穴が詰まり皮脂が出てこなくなりニキビが増えてきます。そこで、野菜に含まれる食物繊維を積極的に取りましょう。

いも類、ごぼう、豆などが食物繊維豊富です。腸内環境は血流にも影響され、血行不良になるとニキビも治りづらくなります。

自律神経にも影響があるので、ストレスも溜まりやすくなり、お肌にとっては悪循環に陥ります。

ニキビには野菜が良いと言うのは理解していただけたと思います。

調理して食べるのが難しいなら、ミキサーでグリーンスムージーを自宅で作って手軽に飲むのもおすすめです。

返信を残す

必須項目には印がついています*